TOP-アジア不動産 > ブログ記事一覧 > 土地の購入にあたって必要な手付金とは?相場についても解説!

土地の購入にあたって必要な手付金とは?相場についても解説!

カテゴリ:不動産屋が書くコラム

土地の購入にあたって必要な手付金とは?相場についても解説!

土地の購入を考えるにあたって、手付金という言葉を耳にする機会は多いでしょう。
やはり、手付金とはどのようなものなのか、いくら必要なのかといった点が分からないと不安ですよね。
この記事では、土地の購入にあたって必要な手付金について解説します。
土地購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地購入にあたり必要な手付金とはどのようなものなのか

そもそも手付金とは、土地の購入金額に先立って必要な保証金で、のちに土地の金額と相殺されるものです。
手付金には、具体的に3種類が存在します。
解約手付は一般的に手付金の役割として知られているもので、買主は手付金の破棄によって、売主は手付金の倍額の返金によって契約を解除できる権利を付与するものです。
なお、解約の申し出は売主からでも、買主からでも可能です。
また、証約手付とは、買主が土地を購入する意思表示としての手付金を指します。
同時に、売主が手付金を受け取ることで、買主へ土地を売る意思表示にもなります。
そして、違約手付は、特定のケース下で手付解除金となる手付金です。
買主側の債務不履行が生じたケースでは、手付金は違約金として売主へ渡ります。
また、売主側の債務不履行が生じたケースでは、売主は手付金を返金し、さらに違約金として手付金の同額を支払います。

土地購入にあたり必要な手付金の相場はいくらなのか

通常、土地を購入する際に必要になる手付金ですが、気になるのはその相場ですよね。
手付金の相場は、売買価格の20%が上限で、10%ほどとされています。
ただ、不動産業者が売主でない限り、とくに制限はありません。
物件によっては返金が難しいほど高額だったり、簡単に放棄できるほど安くなったりする可能性もあります。
なお、手付金は現金による支払いが一般的ですが、現金が用意できず支払えないケースも少なくありません。
そのような場合、売主と交渉して手付金を値下げしてもらうか、住宅ローンのつなぎ融資を利用する方法があります。
土地を購入したのちに住宅を建築するのであれば、つなぎ融資に対応している住宅ローンを利用して、手付金の支払いが可能です。
しかし、この方法では土地の手付金を支払う前に、住宅ローンの申し込みと審査が必要です。
住宅ローンの申し込みには建築する住宅の見積もりなども必要なので、建物の計画についても進めなければなりません。

まとめ

以上、土地の購入にあたって必要な手付金について解説しました。
手付金とは、買主から売主へ支払う保証金で、解約手付と証約手付、違約手付といった種類があります。
相場はだいたい、売買価格の10%ですが、支払えない場合は売主と交渉したり、住宅ローンのつなぎ融資を使用したりして対応できます。
ふじみ野市の一戸建て物件を購入するなら、私たちアジア不動産お任せください!
また、不動産購入に関するご質問も承っておりますので、お気軽に当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|埼玉県川島町のおすすめスポット!遠山記念館の設立目的や特徴を解説   記事一覧   井戸がある土地を購入するときの気になるポイントを解説|次へ ≫

最新記事



トップへ戻る

来店予約