TOP-アジア不動産 > ブログ記事一覧 > 仲介手数料とは?不動産売却時の計算方法と安さのみで選ぶリスクを解説

仲介手数料とは?不動産売却時の計算方法と安さのみで選ぶリスクを解説

カテゴリ:不動産屋が書くコラム

仲介手数料とは?不動産売却時の計算方法と安さのみで選ぶリスクを解説

仲介手数料は、不動産売却をするときの気になるポイントですよね。
「仲介手数料は無料か、金額が安いほうが良い」とお考えの方も多いと思います。
安さだけを基準に選んでも良いのでしょうか。
ここでは仲介手数料とはなにか、計算方法や安さを基準に選ぶことのリスクについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却にかかる仲介手数料とはなにか?

仲介手数料とは、不動産売却時に売買契約が成立するとその仲介業務に対して支払われる成功報酬のことです。
宅地建物取引業法で上限金額は定められているため、勝手に高額な請求をすることはできません。
不動産売却時の仲介手数料にはサイトやチラシなどの広告費用や、物件の案内やアドバイス、契約までの交渉や必要書類の作成など多岐にわたります。
しかしこれらの費用は契約が成立したのみに支払われるものなので、契約に至らなかった、あるいは取り消しになった場合、仲介手数料は発生しません。
支払いのタイミングは契約時に半分、不動産の引き渡し時に残りの半分を支払うのが一般的です。

不動産売却時の仲介手数料の計算方法とは?

仲介手数料には上限があると解説しましたが、多くの場合上限金額で請求するため、ある程度の相場は見えてきます。
おもに売買価格の仲介手数料の計算は以下の3つに分類されます。

●200万円以下の場合=売買価格(税抜き)×5%+消費税
●200万から400万円以下の場合=売買価格(税抜き)×4%+2万円+消費税
●400万円を超える場合=売買価格(税抜き)×3%+6万円+消費税


たとえば3,000万円の不動産を売却した場合は、仲介手数料の上限は105.6万円になります。
上記の計算方法で上限額を算出し、仲介手数料が適切な金額かどうか確認をすると良いでしょう。

不動産売却時に仲介手数料を無料や安さを基準に選ぶことのリスク

仲介手数料の計算方法を解説しましたが、これよりも安い仲介手数料を売りにしている会社には注意が必要です。
不動産会社にとっての利益は仲介手数料ですから、それを無料にしたり安くしたりすることには、何かしらのリスクがあると考えるべきでしょう。
たとえば仲介手数料が無料であるということが原因で、担当者から販売活動のコストを大幅に下げられてしまい、なかなか買主が見つからない、ということもあるかもしれません。
そうなると結果的に、売買価格を下げざるを得ない可能性も出てきます。
単純に金額の安さで選ぶのではなく、親身になって話を聞いてくれるなど総合的に見て信頼できる会社を選びましょう。

まとめ

不動産売却をする際に発生する仲介手数料とはどういったものなのかを解説しました。
仲介手数料には上限があり、計算方法を知ることで相場も分かります。
後々に損をしたりトラブルに巻き込まれるようなリスクを避けるためにも、仲介手数料の安さだけで決めるのではなく、信頼できる会社を探すようにしましょう。
私たちアジア不動産は、埼玉県比企郡川島町 ・ふじみ野市 ・坂戸市で注文住宅用の土地を取り扱っております。
マイホーム建築のための土地をお探しの際は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

アジア不動産 メディア編集部

弊社では川越を中心に一戸建てや土地、マンション等の不動産物件情報を取り扱っております。皆様の快適なお住い探しのために、今後も様々な条件にこだわった物件をご紹介してまいります。ブログでも不動産に関連したコンテンツを提供いたします。


≪ 前へ|不動産売却の必要書類とは?売却前・契約締結時・決済時それぞれご紹介   記事一覧   不動産売却における媒介契約とは?メリット・デメリットと注意点を解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約